株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

Youtubeを効率的に活用する方法

「もっと、違った方法でお店をアピールする方法はないだろうか?」と感じている飲食店の方も多いと思います。「様々なツールは利用しているけれど、もっと新しい展開をはじめたい」と考えている方もいるでしょう。
そんな飲食店の方は、Youtubeを活用して、効率的なアピールを行ってみませんか。Youtubeというと、「飲食店が、どうやって利用するのだろう?」と思われる方もいると思いますが、Youtubeは動画ですから、ホームページなどよりも分かりやすく伝える効果があります。印象にも残りやすいですから、CM効果も高めることが出来るでしょう。ソーシャルメディア上で利用するものですから、利用者の方に直接訴える効果もあるんですよ。
では、どのようにYoutubeを活用したら良いのか、ご紹介しましょう。

a1180_016146_m

関連ある情報をコンテンツに
Youtubeは、様々な方が見ることが出来ますが、興味を持ってもらわなければ見てもらうことは出来ません。そのため、単にお店をアピールするだけではなく、どういったサービスを行っているのか、どういったスタッフが対応しているのかといった、より具体的な内容を紹介していくと良いでしょう。押し付けは、やはり見る側にとっては嫌がられてしまいますからね。
そして、作成の際には、長いものではなく、出来るだけ短く、簡単で分かりやすいもの。かつ、魅力的な動画を作っていくことが必要となります。1分半から2分程度が目安となっており、最初にお店のアピールポイントなどを伝える様にすると良いでしょう。字幕なども加えると、更に見やすくなりますよ。

最適化することも大切
Youtubeは、アップすれば「これで、多くの人に見られるだろう」と思っている方も多いと思いますが、やはり興味を持ってもらわなければ最後まで見てくれる人はいません。
そのため、最初のキーワードやブランディング、内容、英語表記なども忘れてはいけません。タグは、具体的なキーワードを入れ、様々なパターンを考えておく必要があります。説明のヒントには、一番伝えたい情報を最初に入れること。キーワードやリンクは含めることなどが大切となります。
サムネイルに関しても、分かりやすく表現することなどが大切となります。

仲間を作ろう
Youtubeにアップする際には、視聴者を増やすためにもYoutube仲間を増やしていくことも大切。仲間が増えれば、コンテンツゲストとして招いたりすることも出来ますし、互いに宣伝プロモーションをしたり、コラボレーションをすることも出来ますから、更なるマーケティング幅を広げることが出来ますよ。

このように、飲食店の方はYoutubeを取り入れることでも、WEBマーケティングの幅を広げることが出来ます。動画だからこそ、伝えられることもありますから、効果を高めることが期待出来るでしょう。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店動画サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店動画サポートチームでは、飲食店で動画を活用した集客方法、動画の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店動画の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE