株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

新規集客に効く、ヒトサラとは?

ChefPlateup vsm
「飲食店の下調べは当たり前」といわれるほど、事前検索の時代ですよね。
それに合わせてグルメサイトや
検索サービス、まとめサイトなども充実しています。

場所や営業時間、口コミ、メニューなどなど、
ほぼ事前情報を得られるのが現状ですが、
この情報が多ければ多いほど、かえってユーザーは迷ってしまう・・・
ということも多くなっているのも事実。

そんな数あるサイトの中から、
より充実したコンテンツをもつ「ヒトサラ」の
新規集客で効く活用方法をご紹介します。

目次

1. 飲食店を選ぶ基準はいろいろ

2. 「誰とどこでどんなものを食べるか?」がポイント

3. 読む「ヒトサラ」でブランド訴求

1.飲食店を選ぶ基準はいろいろ

飲食店を選ぶ基準は実にさまざまです。

場所や時間、メニュー内容といった基本情報はもちろんですが、
「新しい飲食店を選ぶ」際に参考にする情報は
グルメサイトで検索することがほとんどなんです。

その中でポイントとするのが、ランチなどの日常シーンでは「価格」、
デートや記念日などの非日常シーンでは「雰囲気」という、
目的がはっきりとした選び方ができるのが最近のサイト事情です。

また女性のこだわりポイントで多いのが、
「店の雰囲気・豊富なメニュー」です。

そして、「初めて行く飲食店」となるとグルメサイトだけでなく、
職場での情報や口コミ、
SNSなどのコミュニティといった「声を重視」する傾向があります。

romantic-couple-on-dinner

2.「誰とどこでどんなものを食べるか?」がポイント

「食べる」ことは「大切な時間を過ごす」こと。
そう考えるユーザーが増えつつあります。

そんなユーザーにとっては料理だけでなく、
その奥にある「生産者や食材、つくる料理人」と
いった「顔が見える」ことがポイントになってきます。

それに応えるグルメサイトが「ヒトサラ」です。

料理人やスタッフ(ヒト)とお店の個性が表現される料理(サラ)を通して
ユーザーにとって、信頼性ができること、安心して料理を楽しめることができれば、
初めての緊張感も和らぎ、よりその時間を有意義に過ごすことができます。

その大切な情報は「文字と写真」です。

ヒトサラではプロのカメラマンとライターが
取材を行い、よりきれいな写真と分かりやすい文章で伝えてくれます。

数あるお店選びのポイントをどこにするか?
ユーザー目線も大切にしたいですね。

PAK96_bistrokaunta--thumb-815xauto-15657

3.読む「ヒトサラ」でブランド訴求

「ヒトサラ」では、グルメサイトを紙媒体にし
たオリジナルムック本「ヒトサラマガジン」を発売しています。

(ムック本とは、情報はそのままで体裁を雑誌にしたもので、
通常の書籍よりも低価格で作りやすい情報誌です。)

他にも雑誌「料理王国」でのタイアップで、ユーザーのみならず、
飲食店向けにも情報発信の場を広げています。

さらには加盟店向けの季刊誌「ヒトサラ」で、飲食の成功事例や
食のトレンドなどヒトサラの有効活用や情報を掲載しています。

こういった紙媒体の展開もWebサイトへの
集客力を高める方法のひとつとなります。

掲載されていなくてもその加盟店だという
「ブランド力」も大切な要素ですね。

「初めて行くお店」はネットに限らず
こういった紙面からも見つける可能性もあるので、
目に触れる情報発信方法も
いろんな角度から検討してみてはいかがでしょうか?

shutterstock_115157587

さまざまな情報が仕入れられる時代だからこそ、
「行ってみたい」「食べてみたい」と思わせる情報が、
きちんと紹介されているサイト選びも重要です。

オーナー様の「こだわり」はどんなことですか?
それに合ったサイト選びも
いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

TOP OF PAGE