株式会社ホスピタソン

INFORMATIONお知らせ

保存機能としてのFACEBOOKの使い方

飲食店の方は、FACEBOOKを用いる際にお店の紹介やその時々のメニューなどを紹介している方も多いと思います。
FACEBOOKであれば、リアルタイムに情報を伝えることが出来ますから、とても便利ですよね。
しかし、FACEBOOKの活用方法はこれだけではないんですよ。
では、Facebookページの保存機能の便利な使い方をご紹介しましょう。

facebook-254165
保存ツールとしての活用
Facebookを利用する際には、様々な情報を発信するツールとして利用している方が多いと思います。
他の方の情報なども気軽に得ることが出来ますから、とても便利ですよね。
しかし、このFACEBOOKの活用方法は、これだけではありません。
実は、FAEBOOKの保存機能を利用して、様々なデータなどを残しておくことも出来るんですよ。
飲食店の場合には、やはり料理の写真などを撮っている方も多いと思いますが、枚数が増えてくると管理も大変ですよね。
そんな時も、FACEBOOKの保存機能を使えば、どんどん保存することが出来、アップも簡単に行えるようになります。
FACEBOOKの保存枚数は、一つにつき1,000枚保存することが出来ますから、かなりの量を保管しておくことが出来ますよね。
もちろん、これらの写真をコピーすることも出来ますから、チラシ作りなどの際にも役立てることが出来ますよ。

記事や写真の整理
パソコンやスマートフォンなどには、多くの写真が入っている方も多いと思います。
写真の枚数が増えてくると、「これは、いつの写真だっただろう?」というものも出てきますよね。
中には、「これは、残しておく必要はないな」と思うものもあれば、「これは、取っておきたい」と思うものもあるでしょう。
FACEBOOKでは、こういった写真や記事なども整理することが出来ます。
気に入ったページがある場合には、いいね!を押し、お気に入りに入れることで保存することが出来ますし、FACEBOOK内で保存することも出来ますから、大切な記事を整理することも出来るんですよ。

file000962069117
FACEBOOKというと、情報を発信することばかりを考えてしまいますが、実はこういった便利な機能もあります。
こういった機能も使いこなせると、更に便利に活用することが出来ますよ。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店Facebookサポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店Facebookサポートチームでは、飲食店でFacebookを活用した集客方法、Facebookの製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店Facebookの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE