株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

【飲食店LINE@トーン&マナー】

LINE@でメッセージを配信する際に注意したいのが、アカウントの雰囲気に統一感を持たせることです。
ターゲットに合わせてトーン&マナーがしっかりと設定されていれば、伝わるイメージに一貫性を持たせることができます。
文体・言葉遣いを統一することで、店舗へのイメージに一貫性を持たせることができるでしょう。
配信するメッセージが、時にはカジュアルな言葉遣いだったり、時にはかしこまったビジネス文書のような文体だったりすると、
お客様は困惑してしまい、店舗とどんな距離感で接すればいいのかわからなくなってしまいます。
お客様を意識したトーン&マナーによって、店舗とお客様の心理的な距離は徐々に縮まっていきます。

冒頭3

統一感のないメッセージは、友だち目線の表現と事務的な表現が混ざり混乱を生みます。
【期間限定クーポン】こんばんは!7月10日~15日まで使える限定クーポンを配信するよ☆
【ご連絡】本日の営業時間は19時までとなります。ご了承くださいませ。
【まとめ買いクーポン】今だけ!7,000円以上のお買い上げのお客様はレジにてどどんと10%オフ!!

統一感のあるメッセージは、友だち目線の表現で統一されており親しみやすい。
【期間限定クーポン】こんばんは!7月10日~15日まで使える限定クーポンを配信するよ☆
【お知らせ】本日の営業時間は19時なでです。お買い物はお早めに☆
【まとめ買いクーポン】季節の変わり目はまとめ買いがお得☆今なら7,000円以上お買い上げで10%オフ!

アカウント体系

メッセージの配信先となるお客様をイメージしながら、文体や絵文字の使い方を考えて行きましょう。
店舗のメッセージが、LINEの中に溶けこむことができれば、お客様との長い付き合いに繋がっていきます。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE