株式会社ホスピタソン

INFORMATIONお知らせ

【飲食店LINE@データ分析で運用改善①】

LINE@運用による効果検証は、現状を改善し、更に運用を良くするために不可欠です。
「LINE@で配信したメッセージが来店に繋がったかどうかわからない」など、
運用の効果を明確にできなければ継続的な運用は難しくなります。
効果が出ているにもかかわらずそれを、飲食店の店長・スタッフが実感できないと、運用がストップすることもあるかもしれません。
販売促進に強みを持つツールだからこそ、「集客に結びつく」という効果を最大限に感じられるようにしましょう。

スケジュール4

そのためには、メッセージやクーポンを送りっぱなしにせず、日々運用を見直して改善していくことが必要です。
運用を改善するには、結果を分析し、「うまくいっていること」「うまくいっていないこと」を洗い出し、現状の課題を把握することが第一のステップです。
効果を測定し課題を正確に把握できれば、後はそれをどう解決すればいいのかを考えて実行に移すだけです。
LINE@の効果的な運用には、その繰り返しが大切です。

友だち9

「LINE@を見て来店しました!」など、LINE@効果を確固たる手応えとして感じられるよう、
LINE@でクーポンを配信してから集客までのフローを分解し、各ステップで評価すべき指標を説明します。
LINE@を活用して店舗にお客様を集めるには、乗り越えなければならない複数のハードルがあります。
LINE@を開設したばかりでは、友だち数も少なく評価対象となる数値も大きくはありません。
数値分析作業を目的にするのではなく、効果検証し改善を行うための指標について、次回、一緒に勉強していきましょう。

友だち2

『PDCAサイクルを回しましょう。(笑)』

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE