株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

LINE@を飲食店に取り入れた例

皆さま こんにちは。

LINE@のアカウントを活用している飲食店はたくさんあります。以前に比べてその量はかなり増えてきました。

どのような活用の仕方をしているのかについて、ご紹介していきましょう。

 

LINE@を導入するまでは

お店がまだオープンして1年半なので、新規のお客様が多くてリピーターがやっとついてきたところの、イタリアンダイニングです。

今後は新規のお客様をもっと増やしてリピーターに変換していきたいと思っていましたが、SNSを活用してイベント情報を拡散したりするぐらいしか方法が無いと思って悩んでいました。

dinner-table-663435_640

LINE@を導入!

LINE@の「いますぐ予約」を導入することになりました。これは、ユーザーがLINEアプリ内から、「LINEいますぐ予約」公式アカウント(スマホからのアクセスのみ可能)を友だち追加して、予約希望人数をトーク上から送信するということをします。

すると、当該人数を収容可能な空席がある店舗の情報を自動配信してくれるのです。これを導入したことにより、入店が弱いな…と感じていた日に、「いますぐ予約経由」で電話が来て、お客様に来店してもらうことが出来たのです。

 

LINE@の機能を今後どのように使う?

お客様にメッセージを送って情報発信をしていこうとしています。具体的には季節のメニューの紹介、ワイン入荷の案内、店舗でのイベント告知などです。

タイムリーにお客様に情報を届けるツールとして活用していく予定だそうです。このように活用していけば、更にお客様が増えていきそうですね!

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE