株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

Facebookページと個人アカウントの使い分けについて

2044337954_0e59b3d184
Facebookの国内ユーザー数は年々増えてきています。
2015年には約2400万人と言われています。

そんな中、Facebookを始めたけど、
今一つわからないという声が多いのが、
「Facebookページと個人アカウントの違い」です。

また、Facebookページを上手く活用できていない
という方も少なくないでしょう。
今回は、その違いや使い分けについてまとめてみました。

目次

1. 個人で使う「個人アカウント」の特徴

2. 商用利用できる「Facebookページ」の活かし方

3. 上手な使い分けをしよう!

1.個人で使う「個人アカウント」の特徴

○誰でも取得できる「実名登録で1人1アカウント」が原則の個人のページ
○「つながり」である友達申請ができる人数は5,000人まで
○友達になった人の個人ページに「いいね!」とコメントの書き込みが可能
○自分が「いいね!」したFacebookぺージ(企業や商品など)にも書き込みが可能
○Facebookにログインしている人のみが見ることが可能このように個人ページの特徴は、
あくまでも知り合い・友達だけで
情報発信・交換をする場所ということになります。
app_29_mika

2.商用利用できる「Facebookページ」の活かし方

○本名以外の「企業名や商品、サービス名など」で登録できる
(1つの個人アカウントで何個でも作成可能です!)
○こちらからの友達申請は出来ない代わりに、「いいね!」を押してくれた人を
「ファン」として扱い、その人数に上限はなし
○投稿記事はファンのニュースフィードに表示
○個人ページへの書き込みは不可ですが、
自身のFacebookぺージに投稿された書き込みへの返信コメントは可能
○他のFacebookページへの書き込みは可能
○Facebookの広告が使える

このようにPR活動を行うのに有効なツールで、
ホームぺージやブログといった
ソーシャルメディアとは違った情報発信ができます。

さらに投稿記事は検索エンジンの
YahooやGoogleなどの対象となるSEO効果もあり、
Facebookにログインしていない人にも
閲覧してもらえるなどの利点があります。
typing-on-laptop

3.上手な使い分けをしよう!

ここで気を付けたいのが、個人ページで企業名などを登録して、
運用するのは「ご法度」だということです。
あくまでも個人ページは実名登録が原則です。

もし、企業で利用していると、突然アカウントの停止・削除となります!

前もっての事前通達もありませんので、
せっかくのつながりやフォローも
一瞬で消えてしまいます。

Facebookぺージは無料で商用利用ができます。
これを上手く活用すれば、店舗のブランディング効果にも期待できます。

ある飲食店オーナー様で
「あくまで個人アカウントなので、プライベートとして
古くからの友人や家族との連絡や報告に使い、
取引先やお客様といったビジネスでの友達申請は行わない」
という使い方をされています。
これはとても効率の良い双方の使い分けではないでしょうか?

なぜなら、Facebookページの利点である「いいね!」の機能です。
個人アカウントは上限5,000人に対して、こちらは上限なしです。
ということは、「ファンを何百、何千、何万人作れるということ」です!

whole-team-whole-tradition-whole-conception-whole-like

いかがでしたか?

本来のSNSの使い方として、個人アカウントは友達との連絡用として、
Facebookを商用として使うなら、
Facebookぺージが適しているということが分かりますよね!

このサービスの利点を上手に使い分けて、どんどんファンを増やしましょう!

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店Facebookサポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店Facebookサポートチームでは、飲食店でFacebookを活用した集客方法、Facebookの製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店Facebookの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE