株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

飲食店でWEB活用をするには記憶が重要

何か分からないことがある際、インターネットを活用して調べる方も多いと思います。そんな調べたものの中には、今だに記憶に残っているものもあれば、調べたことすら忘れてしまっているものもあると思います。どうして、こういった差が出てくるかというと、人の記憶のメカニズムに関係してきます。私たちが、普段見たり、聞いたりしていることは、一時的に膿の全島前皮質というところに記憶されることになります。
では、この記憶を大切にしたWEB活用術について、ご紹介しましょう。

記憶について
覚えていること、覚えていないことは、やはりその時どういった状況でそのことを経験したかも関係してきます。
例えば、飲食店を探そうとWEBページをチェックした時、印象強いお店、印象強いページであれば、その後もそのお店のことが頭のどこかに残ることになるでしょう。しかし、気も止まらないページの場合には、その後すぐに忘れてしまうことになります。記憶といいのは、1分程度残るものと言われていますから、そこでどれだけ印象づけられるかが大切ということ。

印象づけから、理解について
WEBページから、飲食店を検索していると「このお店は、どういったメニューがあるのだろう?」「どのくらいの料金なんだろう?」と思うと、様々な情報をチェックすることになりますよね。ということは、これだけの興味を引かせることが出来れば、よりお店の情報をチェックしてくれるということ。そして、そのお店のことを理解してもらうことが出来れば、チェックした人にとってはお店のことが記憶に残りやすくなります。
一度記憶に残れば、その時にはお店を利用しなくても、今後「そういえば、あの店気になっていたんだ」と思いだし、来客へと導いてくれるでしょう。それだけ、記憶はお店の集客率にも繋がるということになります。

 

a1180_017093_m

印象づけるには
「どうすれば、様々な情報をチェックしてもらえるんだろう?」「印象に残るには、どういったページを作れば良いのだろう?」と思われる方も多いと思いますが、飲食店の場合には、やはり様々なサービス内容や特典等の情報を最初のページで掲載すること。最初のページでサービスや特典などを見ることが出来れば、「もっと、詳しい情報を知りたい」と他の情報もチェックする方が増えるでしょう。

このように、飲食店がWEB活用をするためには、ページを見たお客さんの記憶にいかに残せるかが大切となってきます。記憶に残すことが出来れば、今後の集客率にも大きく関わってくる可能性があるでしょう。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店動画サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店動画サポートチームでは、飲食店で動画を活用した集客方法、動画の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店動画の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE