株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

ユーザーにお気に入りメニューを聞いてみる

名称未設定 35

飲食店では、それぞれ「これが当店の人気メニュー」というものがあると思います。
実際に足を運んだお客さんが選んだメニューとなれば、説得力がありますよね。
「一日、このメニューは何十食も出る」というメニューに自信を持っている方もいるでしょう。
そんな飲食店では、Facebookを通してユーザーからお気に入りメニューを確認してみませんか。

 

 

ポイント

 

 

1. お気に入りメニューを聞く

 

 

2. 質問でコミュニケーションを図る

 

 

 

3. 親近感を与える

 

 

 

 

 

 

 

1.お気に入りメニューを聞く

 

「うちは、このメニューが一番出る」というメニューがある飲食店も多いと思います。
こういったメニューがあると、これを一番に押しているところも多いでしょう。
そんな方は、Facebookユーザーにもお気に入りメニューを聞いてみませんか。
全てのメニューの中からではなく、例えば「この中で、一番お気に入りのメニューはなんですか?」といった問いかけをしていくと、新しい発見があるかもしれませんよ。
名称未設定 35

 

2.質問でコミュニケーションを図る

Facebookでは、情報を伝える場と思っている方も多いと思いますが、コミュニケーションを図れる場でもあります。
飲食店では、情報を一方的に伝えるのではなく、質問を投げかけてみると良いですよ。
質問をすることで、コミュニケーションを図ることが出来るでしょう。
お互いの問い掛けに応えていくことが出来れば、Facebookの効果も高まってくるでしょう。
名称未設定 35

 

3.親近感を与える

飲食店とお客さんという関係は、距離があるもの。
特に、行ったことがないお店であれば、かなりの距離がある状態といえるでしょう。
そんな時、Facebookを通して親近感を与えることが出来れば、新規客を増やすことも出来ますし、固定客を増やす可能性もあるでしょう。

 

名称未設定 35

このように、Facebookを取り入れる際にはユーザーとの交流を上手に行っていくことも大切。
Facebookの機能を思う存分活用して、お客さんとの距離を縮めていきましょう。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店Facebookサポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店Facebookサポートチームでは、飲食店でFacebookを活用した集客方法、Facebookの製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店Facebookの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE