株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

ケータイとPCは違うのか

インターネットというと、一括りにして考える方も多いと思います。「WEB戦略を考えたい」と思っている飲食店オーナーの方も、インターネットをひとつのツールと考えている方が多いでしょう。
しかし、実際にはPC、ケータイでは利用者の目的も変わってきます。
では、WEB戦略を考える時に知っておきたい、ケータイとPCの違いについて、ご紹介しましょう。

情報量の違い
ケータイとPCは、見た目でもわかる様に一度に見れる情報量が変わってきます。もちろん、どれだけの情報を掲載出来るかも変わってくることになります。
PCの場合には、多くの情報を取り入れることができます。自宅や職場でお店の情報をチェックする方が多いでしょうから、多くの情報があることで、お店選びの参考にすることが出来ます。
ケータイの場合には、多くの情報を掲載してしまうと、ユーザーの負担となってしまいます。外出先でチェックする方も多いですから、今必要な情報を最低限知ることが出来れば十分と考えている方が多くなります。

C789_keitaiminagaramemo
キャリアの違い
ケータイの場合には、ケータイキャリアによって構築する仕様が変わってくることになります。
そのため、それぞれのキャリアの特徴を把握しながら、作成していくことが求められます。
また、世代によっては用いているケータイも変わってくるため、機種ごとの特徴を把握していくことも必要。絵文字やアプリ、Flashなどを用いる際にも、注意が必要となります。

ケータイによる集客手段
ケータイで公式メニューを作成することで、集客アップを目指すことが出来ます。ケータイのキャリア側に申請し、公式サイトを立ち上げることも可能。また、QRコードなどで誘導する方法もあります。印刷媒体などに、お店のQRコードを印刷しておくことで、簡単に利用することが出来ます。
その他、空メールからユーザー登録を行う方法や、ケータイ検索で拡大していく方法もあります。
ケータイは、気軽に使え、多くの方が利用していることから、様々な戦略を取り入れることが可能となります。

このように、同じインターネットを用いたWEB戦略でも、ケータイとPCでは違いがあるため、これらを一括りにして考えていると、効果は出しにくくなるでしょう。ケータイ、PC、それぞれの利用目的を考え、使い分けていくことも大切。ケータイの場合には、キャリア別、機種ごとの対応も考える必要があるでしょう。それを知るためには、ユーザーの特徴などを事前に確認していくことがポイントとなります。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店動画サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店動画サポートチームでは、飲食店で動画を活用した集客方法、動画の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店動画の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE