株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

【飲食店LINE@で有益情報を届けよう!】

お客様に有益情報を届けて、LINE@に登録して貰いましょう。

【届けたい相手に、喜んでもらえる情報をタイムリーに届ける。】

メッセージを配信する場合、「情報を届けたい相手=ターゲット」をイメージすれば、LINE@の効果を最大限に発揮することが出来ます。

line8

では、LINE@のお友だちになって貰いたいお客様について、一緒に考えてみましょう。

1. 性別や年代、属性
一般的によく使われるのが、性別や年代、属性でターゲットをイメージする方法です。
大衆居酒屋であれば30~50代の男性客、大学近くにあるカフェなら20代前半の若年層など、店舗特性を踏まえてお友だちになって貰いたいお客様をイメージしてみましょう。

2. 利用シーン
店舗の立地やお客様のライフスタイルなどから利用シーンを想定しててみましょう。
例えば、駅前にある人気のバーであれば、夜の仕事帰りに利用する人や、遠方からわざわざ足を運んで来てくれる人などが考えられるでしょう。
お客様の利用シーンを想像できれば、配信の時間帯や曜日の工夫もしてみましょう。

line6

3. 利用頻度や購入額
お客様の利用頻度や購入額など、売上げベースで分類する方法も押さえておきましょう。
例えば、いつも来店してくれているお客様向けに「日ごろの感謝を込めて明日から特別イベント開催!」と配信するなど、店舗への関与度をメッセージに活かしてみましょう。

現在日本国内でのLINE利用者は、5500万人以上とも言われていますが、お客様の中にLINEの利用者がどのくらいいるのかを知っておくことも重要です。
接客で直接、お客様に質問して手応えを掴んでみるのも良いでしょう。

LINE@で繋がりたいお客様を明確にできたら、ターゲット像を書き出し共有しておきましょう。
メッセージ内容を企画するときは、このターゲットに合わせて表現や訴求ポイントを変えることで、より伝わりやすいメッセージとなるでしょう。
line7

『お客様の笑顔が、浮かんできましたか?(笑)』

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE