株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

【飲食店LINE@心を掴む最初の26文字】

LINE@の特徴にプッシュ力の強さがあります。
メッセージ配信すると、ユーザーのスマートフォン画面に通知が表示されます。
サウンドやバイブレーションによる通知もあり、手元にスマートフォンを持っている状態なら、通知に気付いてもらえます。

冒頭3

メッセージもクーポンも、冒頭文で目を引くとともに内容が直観で伝わるように書くことが重要です。
例えば、【本日限定ビール1杯無料!】という冒頭文にすることで、ひと目見ただけでメッセージ内容が伝わり、お客様の興味を引いて全文を読んでもらことができるでしょう。

冒頭文で重要な3要素
・簡潔かつわかりやすい文章
・具体的な数字
・受け手が「自分宛て」だと気付ける言葉遣い
※一番伝えたい情報を冒頭に掲載する

冒頭1

iphoneの場合は文字数は全角26文字までです。
そのため、メッセージやクーポンの冒頭文を全文表示させるためにはこの文字数で収まるように調整する必要があります。
Androidの場合、通知画面にメッセージの全文が表示されます。
文字数に神経質になる必要はありませんが、まずはポップアップ画面に収まる全角26字で内容を伝えるように心掛けましょう。

飲食店A 今日はいい天気ですね。ビールで1日の疲れを・・・
飲食店B 【本日限定】ビール1杯無料!

冒頭2

『どちらの飲食店へ行きますか?(笑)』

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE