株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

【飲食店LINE@企画と届け方の工夫】

友だちを獲得したら、LINE@で飲食店へ集客していきましょう。
メッセージやクーポンのような来店きっかけとなるコンテンツを作る際の「企画」の工夫と、
配信頻度やタイミング、開封につながるメッセージを考える「届け方」の工夫が大切です。
メルマガ、チラシ、Twitter、Facebookなどの告知メディアを使って集客する手法と考え方は同じです。
店舗が伝えたいことを企画し、読んでもらいやすいタイミングを狙って配信することが重要です。

main

企画と届け方は、どちらが欠けても十分な効果は引き出せません。
例えば、お客様の通勤時間を狙ってメッセージ配信し読んでもらえたのに、商品の押し売りのような内容であったため興味を引けなかった。
お客様が喜ぶような面白いクーポンを企画したのに、告知する配信頻度が多過ぎてブロックに繋がってしまった。
前者が企画の工夫が欠けている例、後者が届け方の工夫が欠けている例です。
運用効果最大化には、この2つは非常に重要です。

友だち3

メッセージで配信する内容ですが、店舗発信情報を整理し、どんな切り口なら飲食店のお客様の興味を引けるのか、どのような内容なら店舗に行きたいと
思ってもらえるかを考えて企画することが必要です。
飲食店LINE@配信メッセージは、友だちのスマートフォン画面に直接表示されます。
プッシュ通知機能で、LINEアプリを開いてなくてもメッセージを表示するため、メルマガやチラシと比較しても情報を読んでもらいやすいです。
メッセージ配信のタイミングも、飲食店のお客様が受け取りやすい時間帯、曜日、シーンを考えてみましょう。
飲食店LINE@は、読んでもらいやすい分、メッセージを送り過ぎると逆効果になってしまうため、伝えたいことを凝縮した熟考の1通にしたいものですね。

アカウント体系

『店舗発信情報の整理は出来ましたか?(笑)』

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE