株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

LINE@はターゲット層を意識して配信しよう!

皆さま こんにちは。

LINE@を活用する場合には、ターゲットを意識することが大切です。それによって集客率が大きく変わってくるのです。

実際にターゲットを意識したことにより、成功した事例についてお伝えしていきましょう。

 

お店を広めるために

来てくれた人にしかお店の存在が分からないようでは困る!そう考えて、お店の情報をお客様の手元に届けるという意味から、LINE@を活用したというお店があります。

観光地ならではの、活用方法を考えて実行するようにしたのです。それはスタッフの提案によるものでもありました。

office-620823_640

ターゲットの分析は必須!

ターゲットを分析していくことにより、国内だけではなくて海外のお客様からも、かわいいカルチャーを目当てにして、お店に来てくれているということが分かったのです。

そのため、国内外のお客様がそれぞれのSNSから事前にお店の情報を入手出来るように、オフィシャルサイトにLINE@を含む複数のSNSを集約して情報拡散をしました。

すると、LINE@で配信したクーポンを日本へ観光に来る前に入手して、来店してくれるお客様が多かったそうです。これはすごい効果ですね!

 

リッチメッセージの配信について

今後はリッチメッセージでの配信を考えているそうです。和菓子というのは季節に敏感で、商品の入れ替わりが激しいので、お客様にお伝えするタイミングが難しいものなのです。

でもリッチメッセージでは、旬の和菓子を美しい画像と説明文で伝えることが出来ますので、視覚的に訴求できます。

LINE@は、はがきや手紙のダイレクトメールと違った有効性のあるツールだということですね。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE