株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

LINE@なら成功と失敗の要因分析が可能!

皆さま こんにちは。

LINE@を活用することにより成功だけではなくて、時には失敗をすることもあるかもしれません。

でも成功と失敗の要因から、全体を底上げすることが可能になるのです。

 

店舗別にて集計をしてみる

複数の店舗にてそれぞれ運用をしている時には、店舗別の月間総集客数を集計した上で、集客率が高いお店と低いお店に注目することが大切です。

高いお店の場合は成果につながった要因があるでしょう。そして低いお店には、成果につながらなかった要因があるのです。

差があるアカウントを比較することにより、改善の発見が出来ることになります。

adult-15814_640

チェーン店において

A店、B店、C店というチェーン店があった場合、週末限定のお得なクーポンを4回用意したと過程しましょう。

その配信を続けた1カ月後、集客率の分析をした結果、B店の月間集客率が一番高くて、C店が一番低いという結果が出たのです。

各店の運用状況を聞くと、B店はメインの担当者が、お客様が週末の予定を検討するはずの金曜日にタイミングをみてクーポンを配信していたのです。

C店の倍は、アルバイトスタッフが、持ち回りで自分の勤務する日に時間帯をバラバラにして配信していたことが分かったのです。

 

違いを明確にしてみよう

どういう違いがあったのかが明確になれば、成功した要因を失敗したお店に取り入れるようにすることが出来ます。

それが出来れば、失敗した店も成功する確率がかなり高くなるのです。そういった意味からも、失敗は成功の元と言えるのではないでしょうか。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE