株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

LINE@で読んでもらえるテキスト作成をしよう

皆さま こんにちは。

LINE@で配信する時には、読んでもらえるメッセージを作る工夫が必要になります。

今回は、メッセージの作り方についてお伝えしていきましょう。

 

メッセージの内容について

テキストはメッセージ200文字程度の短めがベストです。スマホ画面のファーストビューにおさまる文章量が望ましいでしょう。絵文字を乱用することはあまり好ましくありません。1メッセージには絵文字を3つくらいにしておきましょう。

文章を読む流れを遮ったり、注目するべき情報が分かりづらくならないようにすることが大切なのです。

af0060000144

情報を伝える時には

情報については、出来ればテキストではなく、画像で伝えるということが必要です。ユーザーから良い反応を得るためには企画やメッセージのタイプごとに画像を作り込むことが重要なのです。

デザインや制作の担当スタッフのアサインや必要に応じて外部委託への手配などを検討しておくことも良いかもしれません。

 

配信時間帯について

メッセージの配信には、開封率を上げるために適した時間帯があります。ユーザーが能動的に見てもらいやすいタイミングにメッセージを配信することにより、開封率やクーポン利用率がアップします。

そしてブロック防止にもつながるのです。配信時間に気を配ることは、ユーザーへの配慮につながり、それがユーザーにも伝わることもありますので、特に気を付けるべき点です。

こちらの都合だけを重視して配信することにより、ユーザーの迷惑にならないようにしたいですね。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE