株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

LINE@の統計データについて

皆さま こんにちは。

LINE@には様々な機能がありますが、その中の一つに「統計データ」というものがあります。

これは、日々のデータが自動的に蓄積されていくものです。このデータがあれば、日々の施策を振り返ることが可能になるのです。

 

データの種類について

表データは、「友達」の追加数やブロック数、そして送信したメッセージの数を確認するために使います。

検索フォームやCSVダウンロードについては、期間の絞り込みが可能になります。表示されているデータをCSV形式でダウンロードすることが出来ます。

グラフは、それぞれの統計情報をグラフによって表示しています。

af9920045308

データ統計を利用するメリット

LINE@を利用することにより「友達」になったお客様へ、メッセージやクーポンが送信出来るのですが、お客様やお店のタイプにより内容や送信の間隔や時間帯が違ってきます。

実際にメッセージやクーポンを送信してみて、それが効果的なものだったのかを検証することにより、お店に合った運営の仕方を見つけることが出来ます。

統計データの見方が分かって、それを活用することにより、これからどのようなメッセージやクーポンを配信することが効果的かを把握することが出来るのです。

 

チラシやDMとの違い

チラシやDMの場合は、受け取ったお客様の反応をリアルタイムにデータ化するということが出来ません。

でも、LINE@でしたらこのように統計データを活用して、リアルタイムにお客様の反応をデータ化して、施策を練ることが出来るのです。

 

皆さまも統計データをして、お客様の反応をリアルに知るようにしてみませんか。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE