株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

LINE@の効果測定について

皆さま こんにちは。

かかったコストに対してLINE@がお店にどのくらいの利益貢献をしてくれているのかを、測定する必要があります。

 

費用効果のチェック

費用効果をしっかりチェックすることをしないと、LINE@が本当にうまく活用出来ているのか、そしてLINE@の活用がお店にとって正しいことなのかが判断出来なくなります。

LINE@での集客による、収益構造を知ることが出来れば、業種や業態によって、考慮すべき要素は異なりつつも、これからの運営に良い意味で関係してくることでしょう。

cat-451377_640

LINE@の利益―LINE@運用費

LINE@は月ごとに費用が発生うるので、月単位で費用対効果を見ていくことが必要です。LINE@の費用対効果の効果というのは、LINE@で配信された情報により、来店してくれたお客様の売上からLINE@運良に直接関係のないコストを引いて求められるものです。

このコストというのは、商品やサービスの原価、そしてお店のスタッフの人件費、他にもLINE@で発行したクーポンの割引額などのことを言います。

これを引いたものをLINE@によってえられた効果であり、利益というように考えるのです。

 

損益分岐点についての把握

LINE@経由で利益が出ていないのなら、LINE@がお店に十分貢献していることにはなりません。でも、運用を開始してすぐの場合には、アカウントの知名度が低くて、友だち数が少ないのが普通です。

そのため、プラスの数字を出すのには少し時間がかかります。そこでLINE@にかかる費用を賄いながらも、利益を出すのにどのくらいの集客が必要なのか損益分岐点となる必要集客数を知っておくことが必要になるのです。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE