株式会社ホスピタソン

INFORMATIONお知らせ

飲食店LINE@ってどのくらい費用がかかるの?プラン・料金を一挙カンタン解説!

yuki_kodomookane15144623_tp_v
こんにちは!

最近街を歩いていても
「LINE@はじめました!」「LINE@でお得な情報ゲット!」など、
「LINE@」という文字を見かけることも多くなりましたね。

「LINE@を始めたいなー」とお考えの飲食店オーナー様。
気になるのはやはり費用ではないでしょうか?

しかもLINE@にはプランが3つも!
どれがいいのかわからなくて、なかなか始められないという方も多いのではないでしょうか?

というわけで本日は飲食店LINE@のコストと、それぞれのプランのメリット・デメリットをご紹介したいと思います!

ぜひ、自分のお店にぴったりのプランを見つけてくださいね。

目次

1. フリープランのメリット・デメリット

2. ベーシックプランのメリット・デメリット

3. プロプランのメリット・デメリット

1.フリープランのメリット・デメリット

フリープランのメリットはやはり、料金がかからないということではないでしょうか。
LINE@の一通りの機能を無料で使用できる、とてもお得なプランです。

飲食店LINE@を始めて間もないという方はまずは無料から始めてみて、友達の増加と共にプランのアップグレードを検討してみるのがいいでしょう。

しかし、フリープランにはやはり制限もあります。

まず、タイムラインの投稿数に制限があります。
4回/月と少し少なめになってしまいます。

例えば、日替わりのランチメニューを、タイムラインで毎日公開していたという飲食店様であれば、プランをアップグレードしていただいた方がいいですね。

そして、送信できるメッセージ数上限も1000通に限られています。
メッセージ送信時に、通常よりも画像が大きく表示される「リッチメッセージ」もご利用になれませんのでご注意下さい。

pasona_29_tp_v

 

2.ベーシックプランのメリット・デメリット

続いて、ベーシックプランのメリットとデメリットについてみていきましょう。

ベーシックプランの料金は5400円。
前述のリッチメッセージは、このベーシックプランから利用が可能になります。

リッチメッセージは通常のメッセージに比べインパクトが随分違いますので、現在ベーシックプランをご利用の方は、ぜひこのリッチメッセージにもチャレンジしてみてくださいね。

また、フリープランでは月に4回しか投稿できなかったホームへの投稿は、無制限で利用できます!
毎日更新したいという方もご安心ください。

さて、デメリットと申し上げますか、注意点としては、友達数に上限が設けられます。
友達数上限が5000人となり、それを超過するとワンランク上のプロプランへの変更をオススメしています。

というのも、5000人を超えてしまうと、メッセージの送信ができなくなるからです。

友達数が5000人未満であれば、無制限でメッセージを送信することが可能なので大切なのは「友達数」ということを覚えておいてくださいね。

※友達数は有効友達数でのカウントとなります。
有効友達数~ブロックしていない友達の総数

freee151117071495_tp_v

3.プロプランのメリット・デメリット

では、最後に最上位プラン・プロプランのメリットとデメリットをご紹介いたします。

料金は月額21600円となり、少しお高いかなーという印象を受けるかもしれませんが、使える機能の幅がぐんと増えます。

まず、メッセージ。
ベーシックプランには友達数5000人という制限がありましたが、このプロプランの友達数上限はなんと100000人。

友達数100000人はなかなか到達する事が難しいレベルかと思いますので、実質無制限でメッセージを送信できると考えても問題ないかと思います。

ホーム投稿ももちろん無制限でご利用いただけます。

そして、なんと言ってもプロプランにしかない機能。
・セグメント配信
・統計機能の属性表示
の機能が利用可能になります!

・セグメント配信
~セグメント配信とは、ユーザーの属性を絞り込んで、メッセージを配信する事ができる機能です。

絞り込める項目としては、
・性別
・年代
・OS
・居住地域
・友達経過日数
があります。

これらのデータはユーザーが保有しているスタンプや、フォローしているオフィシャルアカウントなどの利用状況から算出している推定データとなります。
(前日のデータをもとに、毎日更新されます。)

例えば、化粧品メーカーをフォローしているユーザーは女性、ティーン向けアパレルメーカーをフォローしていれば10代。
といった具合に、推測されます。

こういったセグメントを特定してメッセージを送信することができるので、よりピンポイントにターゲットを狙った販促が可能となります。

・属性表示
~属性表示とは、アカウントを友達登録しているユーザーの推定属性を閲覧できる機能のことです。

こちらも、推測データにはなりますが、飲食店LINE@の運用においては大きな手助けになることは間違いないでしょう。

では、ここでこれらの機能を利用する際の注意点をご紹介しておきたいと思います。

これらの機能は有効友達数が100人以上で使用出来ます。
100人未満ですと、母数が少なすぎるため属性データの効果が薄くなると考えられるからです。

また、セグメント配信は、推定配信先の友達が50人以上で配信可能となります。
50人未満で配信不可と案内が出る場合は、条件を緩和して、配信先の人数を増やす必要があります。

また、複数アカウントをまたいでの一括配信もできなくなっておりますので、そちらもご注意下さい。
yuuki150321020i9a4366_tp_v

いかがでしたでしょうか?

ホスピタソンのおすすめは、まずはベーシックプラン。
ベーシックプランで十分お使いいただいた後に、プロプランへ移行されることをおすすめします。

プロプランは少し高価なプランにはなりますが、セグメント配信により「誰に届けるか」を細かく設定できるようになり、属性表示によりアカウントの友だちに「誰がいるか」がわかるようになります。

これらは従来の機能とは大きく異なるプロプランならではの強みとなりますので、LINE@を使って集客に注力したいという飲食店オーナー様はプロプラン導入を目標に、運用を行っていかれることをおすすめします!

料金やプランのことでご不明な点がある場合は、お気軽にお問い合わせくださいね!

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
完全無料!勝田耕司のノウハウ配信中!!登録はコチラ 

TOP OF PAGE