株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

蕎麦で世界を健康に!自社栽培鳴子産蕎麦で作るオリジナル《SOBA BOWL》が宮城県の蕎麦カフェから提供開始!~SOBA BOWL project~

創作蕎麦屋BWCAFE(ビーダブリューカフェ)を経営する株式会社and I(本社:東京都荒川区)の代表取締役 鈴木雅和は、2018年8月蕎麦で世界を健康にという想いを形にするため“SOBA BOWL project”を立ち上げました。今回新たに参加した宮城の「蕎麦カフェ田伝」が“SOBA BOWL”の提供を開始致します。
【SOBA BOWLとは…】
“SOBA BOWL(ソバボウル)”とは世界中でもヘルシーフードとして少しづつ注目を浴びている料理で、蕎麦をドレッシングや創作汁などを使用しサラダボウルのような手軽な感覚で提供するメニューの事です。新大久保のBWCAFEでは2018年5月から提供を始め、ヘルシー志向な女性を中心に人気メニューの一つとなっています。
今までのお蕎麦屋さんには無い新しい層(若い世代や女性)をターゲットとし、ヘルシーフードとしての蕎麦を広める事で『世界を健康に』という想いで2018年8月に「SOBA BOWL project」を立ち上げました。現在約20店舗の参加のお声を頂いております。参加各店とBWCAFEが思い思いのオリジナル“SOBA BOWL”を考案し提供致します。
【新メニュー概要】
・メニュー名:ベーコンとマッシュルームのSOBA BOWL~温玉のせ~
・提供期間:2018年9月27日~2018年10月末予定 ※平日限定
・価格:1200円
蕎麦を大葉のジェノベーゼと塩でパスタ風に味付けし、地元素材のベーコン、マッシュルーム、温泉卵、ゴーダチーズを贅沢にトッピングしました。良く混ぜて食べていただくと、それぞれブランドとして確立された食材たちのハーモニーが楽しめ、さらに温泉卵が良く絡みまろやかな味わいになります。
【蕎麦カフェ田伝はこんなお店…】
鳴子のお蕎麦、お米、野菜などなど、冷涼な気候と澄んだ水と空気で、中山間地の農業だからこそ出来る事があります。100%鳴子産玄蕎麦使用、自社製粉のそば粉を使った『鳴子のそばづくしコース』や、『極旨ガレット』など、バラエティーに富んだメニューを癒やしの空間で、ゆったりお楽しみいただけます。
▼店舗詳細
https://sobacafedenden75.com/
◆蕎麦カフェ田伝に関するお問い合わせ
住所:宮城県大崎市鳴子温泉字月山13番地2
電話:0229-25-3353
担当:中鉢 秀俊
◆SOBA BOWL projectに関するお問合せ
SOBA BOWL project 代表:鈴木 雅和
TEL:03-6278-9658
MAIL:sobabowlproject@gmail.com
Facebook:https://www.facebook.com/sobabowlproject/
TOP OF PAGE