株式会社ホスピタソン

INFORMATIONお知らせ

絵文字を使った方がいい理由

Chatting-on-smartphones
LINEを使ってイベント情報やサービス情報などを
配信しているところも多いと思います。

LINEであれば、リアルタイムに様々な情報を
提供することが出来ますから便利ですよね。

そんなLINEを利用する際、絵文字は使っていますか?

「毎回、文字だけになっている」
という方も多いのではないでしょうか。

LINEなどを利用する際には、絵文字の利用も大切ですよ。

目次

1. 絵文字による刺激

2. 信頼感を高める

3. ネガティブ印象を和らげる効果

1.絵文字による刺激

LINEをお使いになる際に、様々な情報を伝えようと
ついつい文字がびっしりと並んでいる方もいると思います。これは、見る側にとっては読みにくい、
読みたくないという印象を与えてしまうんですよ。

絵文字というのは、
意外にも人の顔を見たような印象を与えることが出来、
読みやすさ、刺激を与えることが出来るんですよ。

「でも、お店の情報なのに絵文字を使っても良いのだろうか?」と
戸惑う方も多いと思いますが、今ではビジネスでも
絵文字を使うことが当たり前となっており、
コミュニケーションツールとしての効果も高いんですよ。

How-to-download-free-mobile-spy-recorder-for-smartphone-using-iOS7-230x300

2.信頼感を高める

絵文字というと、「プライベートでしか、使ってはいけないだろう」と
思っている方も多いと思いますが、
実はビジネスなどでも絵文字は重要な存在。

飲食店の方が絵文字を利用する際には、
お客さんとの親密さや信頼感などを
高める効果を得ることが出来るんですよ。

絵文字によって、内容を印象的にすることも出来ますから
LINEで伝えている情報などもより伝わりやすくなります!
communication-project-manager

3.ネガティブ印象を和らげる効果

LINEでは、様々な情報を提供していると思いますが、
時にはお客様にとっては
「あまりポジティブな内容ではないな」と思うこともあると思います。

そんな時にも、絵文字を用いることが出来れば、
このネガティブイメージを和らげることが出来ます。

やはり、見る側にとってネガティブな印象というのは
避けたいものですから、絵文字を使うことで
印象を変えることが出来ますよ。
20130317205551

「なんだか軽い感じがする・・・」と
敬遠していた方もいらっしゃるかと思いますが、
次回の配信からは是非、取り入れてみて下さい。

LINEには沢山の種類の絵文字がありますから、
使うのも楽しいかもしれません!

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE