株式会社ホスピタソン

INFORMATIONお知らせ

投稿でファンの心をつかむためのポイント

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Facebookの特徴は何といってもユーザーとの
コミュニケーションです。
そのポイントとなるのが「投稿」。

日々投稿する中で、ファンがどんなことを考え、
どんなことに興味があるのか、どんな情報が欲しいのか
など把握しているか否かで大きく変わります。

そこで今回は、投稿でファンの心をつかむ
ポイントをご紹介します。

目次

1. まずは「ファンを知る」こと

2. 共感してファンを理解する

3. 共感することは「価値を知ること」

1.まずは「ファンを知る」こと

日々続ける投稿の中で、「いいね!」やコメント、
時にはシェアなどが何件か付いてくるようになります。

単に「いいね!」がたくさん付いた!と喜んでいても
仕方ありませんよね。

まずはその数値からどの投稿がファンに受け入れられて
いるのかどうかを見極めていかなければなりません。

リアクションが良い投稿にはいくつかの
ポイントがあるはずです。

例えば、投稿されるテキストの文体やそこに含まれる画像、
あるいは投稿の時間と内容と合っているなどなど、
いろんな要素が考えられます。

どの要素にリアクションしたのかを見極めていくだけでも
非常困難な作業になりかねませんが、
Facebookページの運営には欠かせないのが
「投稿の分析」です。

まずは投稿分析するためのアプローチをして
「ファンを知ること」からはじめていきましょう。
images

2.共感してファンを理解する

投稿を分析する時に有効なのが「仮説」を立てて
検証することです。

その上で重要なことは、ターゲットを明確にして、
そのターゲットをいろんな面からイメージすることなんです。

お客様がどんな生活をしているのか?が最初の
ステップになります。

ファンを理解するためにどんなことに共感できるかを
あらゆる面から想定していきます。

そのために一人のターゲットをしっかりと設定します。
名前、性別、年齢、、職業、家族構成、趣味など
顧客属性を固めることでよりわかりやすくなります。

「何を見ているのか?」に共感する
これは日頃からファンが生活の中で目にしているものが
どんなものかを把握するためです。

ファンが囲まれている環境にも大きく影響されます。
職場、家庭、趣味や友人などを想定して、
普段どんな商品を好み、どんなサービスにふれているのか、
そこでどんな問題に遭遇しているのか・・・などを
イメージしてみましょう。

ここでは環境や友人、そして市場などで受ける提案や
生活で自然と影響を受けそうなものを挙げていきます。

「何を聞いているのか?」に共感する
前述の「何を見ているのか?」で書かれた環境にいる
友人や家族などからどんなことを聞いているのか、
またどんな発言が影響しているのかをイメージしてみます。

他にも情報発信されている、テレビや雑誌、Webサイトなども
書き留めてみましょう。
この作業で役立つのが、雑誌です。
雑誌は属性ごとに細かく分かれているので、
イメージがしやすく、どんなことを
取り入れようとしているのかがより明確にできます。

ここでは興味を持っていることや欲しい情報をさらに
深く掘り下げるようなコンテンツが考えられます。

「何を考えて、何を感じているのか?」に共感する
次にこのファンの中で起こっていることをイメージします。
ファンの感情を想像してみて、取り組んでいたことが
うまくいった時、どんな感情になるのか?

またその人が夢中になって熱中することは
どんなことなのか?

ここではさらに知りたいこと、興味のあることに対しての
メリット・デメリットや実際の体験談などで
より明確にできるコンテンツが提供できます。

「どんなことを言って、どんな行動をしているのか?」に共感する
そして次に、そのファンが「言いそうなこと」
「とりそうな行動」を考えていきます。

いつも周りにいる人たちとどのような会話をしているのか、
どんな態度で接しているのか、をイメージしてみましょう。

「何を見ているのか?「何を聞いているのか?」
「何を考え、何を感じているのか?」を受けて、その人が
どんな「行動」をしているのか?を考えてみましょう。

ここでは、その行動に対して共感して、応えてあげられる
ようなコンテンツで反応を高めることができます。

「ファンの痛みは何か?」に共感する
ファンが普段の生活で感じていることや環境、
そしてそれを捉えてどんな「行動」をしているのか?

ターゲットが具体的に動き始めましたね。
次にそのファンが生活するの中で、恐れていることや
ストレスに感じでいることはなんでしょうか?
その原因をイメージして書き出してみます。

つまり、その痛みを和らげることができるようなことが
求められます。

コンテンツとしては、そこに共感できたり、同じことで
実際にがんばっているという事例を紹介できると
いいかもしれません。

「ファンが得られるものは何か?」に共感する
ファンが本当に欲しいものや必要なものが何か、
また、辿り着きたい目標は何かを考えていきます。

そして、自社で提供しているサービスでどの部分を
軸にしていくかを決めます。
i-like-432494

3.共感することは「価値を知ること」

このようにファンに「共感する」ポイントを
さまざまな方向から想定していくことで、
今まで気にしてなかったことや見逃していたことなど
新たな発見ができると思います。

Facebookページなら、少なくとも
1日に1本は投稿したいところですよね。

そうなるとコンテンツはいくらあっても足りないという
状況にもなりかねません。
こういったファンが共感するポイントを考えれば、
意外とたくさん出てきます。

これは投稿のネタ探しだけではなく、ファン=お客様が
何に対して価値を感じ、お金を払うのかという
ビジネスにとって最も大切な部分でもありますので、
しっかりと取組んで、Facebookページの活性化に
繋げていきましょう。

facebook-556808

いかがでしたか?

「ファンを知る」ことでよりお客様とのコミュニケーションを
深めることができ、投稿内容にも幅が出てきます。

立てた仮説にどんなリアクションがあるかを見極めながら、
よりファンとの交流が深まる環境にしていきましょう。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店Facebookサポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店Facebookサポートチームでは、飲食店でFacebookを活用した集客方法、Facebookの製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店Facebookの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE