株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

予約や問い合わせを増やしたい!飲食店LINEの「1:1トーク」で直接コミュニケーションを!


こんにちは。

飲食店LINEをお使いのオーナー様の皆さま。
実は、LINE@でお客様と直接会話ができるツールがあるのをご存知ですか?

その名も1:1トーク。

このツールを利用すると、予約の窓口を増やしたりお客様からの問い合わせに答えたりすることが簡単に行えます。
さらに、直接のやりとりになるので、コミュニケーションも深まります。
ぜひ活用してみませんか?

目次

1. 1:1トークとは?

2. クローズドな関係を作ることができる

3. 親密なやり取りができる

1.1:1トークとは?

1:1トークは、プライベートで友達とLINEを利用するように、お客さんとお店でトークをすることが出来る機能。
お客さんからの質問や問い合わせなども気軽に対応することが可能になります。

1:1トークの使い方は、普段お使いのLINEでのトークとほとんど違いがありません。
通常のLINEと同じように、ユーザーが読んだメッセージには既読が付きますし、迷惑行為を行うユーザーに対してはブロックすることも可能なのです。

また、1:1トークのやり取りはメッセージの送信数にはカウントされませんので、無料プランをお使いの飲食店でも上限を気にせず、お客様とのやりとりを行っていただけます。

では、この1:1トークのメリットとは、一体何なのでしょうか?
メリットは大きく分けて2つあります。

2.クローズドな関係を作ることができる

「クローズドな関係を作ることができること」。

たとえば、TwitterやFacebookを使用しているとして、お店側から発信した情報に対してお客様はいいね!を押したり、コメントやリプライ(Twitterでの返信)をしたりすることは可能ですよね。

ですが、そのやりとりはオープンな場で行われるので、他のユーザーから閲覧されてしまいます。
そのため、ユーザー返信をためらったりしてしまう場合があり、コミュニケーションの機会を逃してしまうこともあります。

ところが、この1:1トークの場合は、通常のLINEと同じようにお店とお客様、双方だけのクローズドな空間でやり取りが可能です。
そのためTwitterやFacebookで反響がなかった事柄に対しても、お客様から問い合わせを頂いたりできるのです。

3.親密なやり取りができる

「より親密なやり取りができること」ではないでしょうか。

先程も述べた通り、1:1トークは通常のLINEとほとんど同じ様に使用できます。
スタンプなんかも送受信できます。

なので、何度かコミュニケーションを取っているうちに、徐々に口調が柔らかくなってきたり、相手の人柄がわかって親近感が湧いたりするわけです。

そうすれば、次回来店していただいた際も、「あ!あの○○さん!」と、常連さんのように一層打ち解けたコミュニケーションを取れるようになります。

飲食店の経営者様ならお分かりいただけると思いますが、お客様との親密さってとても大切ですよね。
顔と名前が一致するお客様は、お店にとって財産とも言えるはずです。

1:1トークで関係を築いていけば、そういうお客様がひとり、またひとりと増えていくんです。

いかがでしたでしょうか?

「お客様と仲良くなれる」1:1トーク、とても魅力的だと思いませんか?

普段お使いのLINEと同じようにトークを行うことができるので、機械が苦手な方でも、簡単に導入して頂けます。
お客様との距離をもう少し縮めたいとお考えの飲食店様は、ぜひ使ってみて下さいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 2017年を飛躍の年にしたいあなたへ ★

【無料公開・ムービー講座】
飲食店WEB戦略8つの極意。

今スグ、こちらから入手ください。
http://hospitason-web.com/lp/mail-magazine/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
完全無料!勝田耕司のノウハウ配信中!!登録はコチラ

TOP OF PAGE