株式会社ホスピタソン

INFORMATIONお知らせ

リーチが減ったと思ったら!Facebookページのリーチ復活の4つの対応策

飲食店では、Facebookを取り入れているところも増えてきていますよね。
そんな方の中には、「最初のうちは、Facebookの効果が高かったけれど、最近ではあまり効果がなくなってきている」と感じている方もいると思います。「最近、リーチが減ってきている」と感じている方もいるでしょう。
そんな時、「どうして、リーチが減ってきたのだろう?」とショックを受けている方もいると思います。
では、リーチが減ってきた時には、どうすれば復活させることが出来るのかご紹介しましょう。

facebook-depression-450x420
どんな人が見ているのか、再確認
Facebookのリーチが減ってきていると感じている方は、再度ファンページなどを確認し、ファン層に変化があるかどうかを確認していくことが大切。
例えば、「20代のお客さんをターゲットにしたい」と思っていたお店の場合。再度チェックしてみると、、ファンとなっている年代が40代へと変化してきていることがあります。
当然、これでは投稿内容にズレが出てきてしまっていることになります。

投稿タイプについて
Facebookのサービスは、少しずつ機能なども変わってきています。
そのため、画像表示サイズが変わっていることもあれば、表示方法なども変わってきており、Facebookをはじめた頃と状況が変わっている場合があります。
これに気づかず、最初の状態のまま投稿をしていると、伝えにくい情報となっている可能性があります。
タイプ別で、どういった投稿方法がリーチ反応が良いのかなども確認しながら、最適な投稿タイプを見極めることも大切となるでしょう。

2
投稿広告について
Facebookは、様々な機能がありますが「リーチを復活させたい」と考えている方であれば、投稿広告を取り入れることがおすすめ。
しかし、投稿広告をしても効果が現れないこともあります。
そういった場合に多くは、コンテンツ自体に問題があるケースが多いですから、一度コンテンツ自体の見直しをしていくことが求められるでしょう。

宣伝広告について
Facebookを取り入れる飲食店の方は、「お店を宣伝したい」という気持ちが大きいはず。
しかし、いかにも宣伝広告といった内容では、見る側にとっては引いてしまいます。
宣伝広告ばかりが続けば、今後このFacebookページを見に来ることもなくなってしまうでしょう。
「宣伝したい」という気持ちは分かりますが、見る側の立場になって考えていくことも必要ですよ。

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店Facebookサポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店Facebookサポートチームでは、飲食店でFacebookを活用した集客方法、Facebookの製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店Facebookの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE