株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

ハッシュタグについて(2)

みなさんこんにちは。

本日も引き続き
“ハッシュタグ”について
ご紹介いたします。

最後までお付き合いのほど
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

3.メリット

 

ハッシュタグの登場によって

ビジネスでのSNS活用が大きく変化しました。

 

●キャンペーンへの参加率UP

ハッシュタグが形になるまで
SNS上でのキャンペーンは
ユーザー登録などが必要でした。

手間がかかることが原因で
なかなか参加者が集まらないことも
ありましたが、

キャンペーンに適した
ハッシュタグを作成し
そのハッシュタグを投稿するだけで
キャンペーンへの参加者を募れます。

この方法は昨今
本当に良く見かけることが
多くなったかと思います。

 

●投稿などの集計効率UP

拡散率を可視化する上で、
ハッシュタグの有無で
集計効率が変わります。

無しの投稿では
関連性のない投稿まで
表示してしまいますが、

ハッシュタグ付きの投稿を促すことで
集計作業の効率UPはもちろん
炎上の兆候をキャッチすることもでき、
被害を最小限に留めることに繋がります。

 

●広範囲へ発信可能

ハッシュタグは、
SNSユーザーの過半数に届く
と言われるほど
非常に浸透しております。

例えばですが、
競合他社が使用している
ハッシュタグをチェックし、
ターゲットの囲い込みに
活用されているケースもあります。

 

4.注意点,NGな活用方法

(※Twitterを例として)

 

「プロフィール紹介文にハッシュタグ」

(1) ハッシュタグ→プロフィールへの導線はない

ハッシュタグで検索を行い表示されるのは、
ユーザーではなく、
「ツイート自体」が表示されます。

基本的に、前回の投稿にも記したように
「どのようなツイートがあるか」
と情報を収集するものであるので、
プロフィールを
確認するためのものではございません。

(2) 文字数の無駄遣い

Twitterのプロフィール紹介文には
「160字」という字数制限があります。

ハッシュタグを使用してしまうと、
「前後に半角空きスペース」
「#(ハッシュマーク)」
と字数を消費してしまいます。

・こだわり
・自身発信のオンリーワンであるもの

でなければ、活用をしないことをお勧めします。


 

前回の投稿から続けて
ハッシュタグについてご紹介いたしました。

実際に、私自身も

4.注意点,NGな活用方法

をやっていた身です。

見るだけ、言うだけなら
容易に出来ます。

そこから

「実動」

に移すことができるかどうか。
何事もここが大切ではないでしょうか。
そして日々私も痛感しております。

日々徹底、日々改善

この積み重ねこそが、
みなさんの形あるものに繋がりますように。

-山田貴史

 

***********************

●お金を掛けずに集客するヒント

詳細はココをクリック!

●今日から逆風に打ち勝つヒント

詳細はココにをクリック!

 

●透明資産の活用を学ぶ無料セミナー

詳細はココをクリック!

***********************

 

TOP OF PAGE