株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

お店のFacebookに出演してもらおう!

toast-godutchbaby
Facebookを活用している方も多いと思いますが、
中には試行錯誤している方もいると思います。

Facebookというと、お店側で様々なことを
提案していくことを思い浮かべる方も多いと思いますが、
飲食店の場合にはお客さんから演出してもらうことで、
更なるお客さんを呼び込むことが出来ますよ。

目次

1. お客さんに写真を

2. 常連客との写真も

3. イベントもおすすめ

1.お客さんに写真を

飲食店の中には、常連客の方がいるところも多いと思います。
そんなお客さんがお店に訪れる度に、会話を楽しんでいるという方も多いでしょう。こういった常連客の方、ノリの良いお客さんがいる場合には、
お店での写真を撮ってもらい、Facebookに掲載していくこともおすすめ。

気さくな店長、スタッフがいれば、お客さんとのコミュニケーションを
アピールすることも出来るでしょうから、
お店の雰囲気もポジティブに伝えやすくなるでしょう。
goodwp.com_28592

2.常連客との写真も

長いことお店をやっていれば、
「このお客さんとは、付き合いも長くなるなぁ」という方がいると思います。
時には、「今、お店の中は常連さんばかりだなぁ」という時もあると思います。

こんな時は、思い切ってお客さんと一緒に写真を撮影してみませんか?

「Facebook用の写真を撮らせてもらえませんか?」と
声をかけることで、みなさん気軽に参加してくれるでしょう。

こういった写真を掲載することで、
「楽しそうなお店だなぁ」という印象を与えることが出来、
「行ってみたい」と思われる新規客も増えてきますよ。

whole-team-whole-tradition-whole-conception-whole-like

3.イベントもおすすめ

「もっと、お客さんを増やしたい」と考えている方も多いと思いますが、
そんな時にはちょっとしたイベントを開催してみてはいかがでしょうか。

イベントというのは、常連客にとっても
新規客にとっても参加しやすいもの。

例えば、じゃんけんに勝てば10パーセントオフといった
イベントを行うのも良いですし、
スピードくじなどを準備しておくのも良いでしょう。

こういったイベントは、お客さんにとっては
「行きたい」と思わせるきっかけとなるはずですよ。

この様子も写真に収めて
アップすると効果も一層期待できます。

683049.TIF

このように、実際のお客様の写真は
お店の親近感・信頼感のアップにつながります。

常連さんがいる場合はお願いしやすいと思いますので、
是非取り入れてみて下さいね!

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店Facebookサポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店Facebookサポートチームでは、飲食店でFacebookを活用した集客方法、Facebookの製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店Facebookの活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE