株式会社ホスピタソン

INFORMATIONお知らせ

【飲食店LINE@友だち獲得戦略②】

LINE@運用を検討している店舗は、ソーシャルメディアへの関心が比較的高いケースが多いでしょう。
アカウント運用を続けていればTwitterのフォロワー、Facebookページのファンがいるはずです。
LINE@アカウントを開設したら、TwitterやFacebookを通じてLINE@の告知を行いましょう。
大事なポイントは「この店舗のLINE@アカウントを友だちに追加すると、どんなメリットがあるのか?」を伝えることです。
Twitterの場合、例えば、「□□のLINE@アカウントが出来ました!:IDは『@#####』です」と「毎週水曜日に特売情報をお届け!△△のLINE@アカウントを開始しました。登録はこちら⇒『@#####』という2種類のメッセージがあった場合、友だち登録したくなるのはどちらでしょうか。
後者の方に登録したくなりますよね。

LINE2

お客様が店舗のソーシャルメディアをチェックする目的は2つです。
店舗のことが好きで、最新情報をキャッチしたいという場合は、「LINE@を通じて新商品や新メニューの情報をどこよりも早く手に入れることができる」といったメリットを伝えましょう。
店舗の「お得な情報」を手に入れたいという場合は、「LINE@を通じて限定のクーポンが配信される」という経済的なメリットを伝えて友だち登録を促進します。
メリット訴求を出し分けながら、友だちを獲得していきましょう。

友だち5

ソーシャルメディア上には多くのコンテンツが溢れ返っています。
Twitterのタイムライン上にも更新情報が流れており店舗情報を発信しても、ユーザーの目に留まらない可能性は大いにあります。
LINE@アカウント開設初期段階では、TwitterやFacebookで繰り返し紹介をして、店舗アカウントの存在を認知させていきましょう。
TwitterやFacebookでお客様との関係を築けたら、LINE@でお客様に店舗へ足を運んで貰いましょう。
クーポン配信といった強力な来店促進効果のあるLINE@を組み合わせることで、関係構築できているお客様の来店を後押しできます。
TwitterやFacebookでLINE@情報へのお得感を伝え、確実に集客に繋げていきましょう。

友だち7

『LINE@限定、お得情報は浮かびましたか?(笑)』

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE