株式会社ホスピタソン

COLUMNコラム

【飲食店LINE@抽選型クーポン】

LINE@では当選人数や当選確率を指定できる【抽選型クーポン】が配信できます。
ある飲食店では、「今日の運試し」として当選確率50%のクーポンを発行しています。
2人に1人が当たることを明記してますので、お客様にとっては、応募がその日の自分の運勢を確かめる楽しみにもなっています。
「15人限定でビール1杯無料!」にするなど、さまざまな抽選企画が用意されています。
プレゼント企画のため当選人数は多くありませんが、「何人が当選するか」ということを明記することで
「もしかしたら自分が当たるかも!」という期待をお客様に与えて、応募率を上げることができます。

友だち3

当選率を極端に下げ、話題を生むパターンについて、一緒に考えてみましょう。
例えば、「当店利用、3万円券が当たる!」といったプレゼント配信です。
話題性のある配信にすることで応募率を上げるだけでなく、事前告知で話題を作り、新しい友だちの獲得も狙うことができます。
「Wチャンス型」の懸賞のように、当選率の違うクーポンを同時配信して、クーポンのバランスを取ってみるのも良いでしょう。
当選率1%のクーポンに外れても、2つ目の当選率50%クーポンに挑戦できます。
「はずれなし」として全員配布型クーポンを配信し、当たったという心地良い気分を届けてみるというのは、いかがでしょうか。

友だち23

これらの【抽選型クーポン】は、店舗の売上げに大きく影響するものではありませんが、
お客様に店舗から配信するコンテンツで楽しんでもらいながら、店舗からのメッセージを見てもらうきっかけ作りをすることができます。
宝くじや福引のようにゲーム性の高いクーポンにしてみましょう。

line8

『今日のクーポンは当たりでしたか?(笑)』

この記事はお役に立てましたか?

スタッフ

この記事はWEBホスピタソンの「飲食店LINE@サポートチーム」のスタッフが書いています。
飲食店LINE@サポートチームでは、飲食店でLINE@を活用した集客方法、LINE@の製作方法、をわかりやすくアドバイスしています。
飲食店集客や飲食店LINE@の活用でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

TOP OF PAGE